このエントリーをはてなブックマークに追加
重点政策と今年度活動方針
令和元年度活動方針
 今春、歴史的な皇位継承によって、平成から令和へと新たな幕が開かれた。我々は時代の転換点に立ち会う喜悦と誇りを噛みしめ、皇室への尊崇と親愛の念を一層強くしている。
 立党から60有余年、わが党は「政治は国民のもの」との精神を胸に弛まぬ歩みを続けてきた。これからも責任政党として、日本が直面するいかなる難局にも気概を持って立ち向かい、国家国民のために決断と実行で新たな時代を切り拓いていく決意である。
 これから数年にわたり、世界の目が日本に注がれる。G20首脳会議、ラグビーワールドカップ、オリンピック・パラリンピック東京大会、大阪国際博覧会。この好機を逸することなく、度重なる自然災害から立ち直った日本の姿を世界の目に焼きつけよう。
地方にとっては、世界に打って出る好機でもある。災害に強い国づくりを進めるとともに、徳島県に広がる無限の可能性を日本に集う世界中の人々に発信する機会にしなければならない。地方創生は、日本創生でもあることを胸に刻みたい。
今夏には参議院議員通常選挙が行われる。政治の安定なくして、日本の繁栄はありえない。わが党の勝利こそが新たな時代を切り開く力の源と信じ、己亥の年に相応しく、足元を固め勇往邁進する覚悟である。

 


◎組織活動
 参議院選挙必勝に向け、県民と政治の架け橋であり、わが党の屋台骨ともいえる党組織のさらなる強化が必要不可欠である。
党本部の進める「120万党員獲得運動」を強力に展開し、細やかな組織活動を充実させ、人と人、地域と地域をつなぐ強靭な党組織の構築を図り、参議院議員選挙に勝ち抜く。  

  1.参議院議員選挙の必勝態勢の確立

  2.党員の定着化を徹底するとともに、新しい党員の入党運動を積極的に展開する

  3.職域および地域支部組織の強化と活性化を図る

  4.各種友好団体との連携を強化する
 
  5.県市町村議の連携強化を図り、未来志向の議員活動を展開する

  6.研修活動の充実を図る



◎政調活動
  一貫してわが党を強力に支援くださる友好団体と、各種懇談会での忌憚のない意見交換を通じ相互理解をさらに深める。その上で、ゆるぎない信頼関係を構築し、地域そして社会の多様な政策要望を的確に捉えて、安全・安心で幸せな暮らしの実現のため、暮らしに一番近い政治を推進する。
 そのために次の活動を積極的に展開する。

  1.各種友好団体との対話活動

  2.選挙区別ブロックにおける対話活動

  3.県・市町村議会における意見書の積極的な提出



◎広報活動
 本年の広報活動は、参院選での勝利を勝ち取るためにも、わが党の魅力や目指す国の姿を国民に分かりやすく示していく。
国民一人一人が関心を持つ政策課題は、全国共通のものもあれば、都市圏と地方、都市と農山漁村など地域により差があるもの、また、年齢や性別、職業などによって異なるものなど多岐にわたる。様々な意見や関心ごとをすくい上げ、国民の疑問に答えるよう、あらゆる広報媒体を駆使していく。

  1.無党派層・若年層に積極的にアプローチするための党ホームページ等の拡充

  2.日常的に新聞やテレビ、ラジオなど各種マスメディアを通じた具体的な広報活動の展開

  3.争点となる政策テーマを特集したビラや機関紙号外など、情勢の変化に迅速に対応した広報物の作成



◎青年局活動

 “勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし”
青年局はこの言葉を教訓として、全ての活動が選挙必勝に資するものとなるよう、個々の活動を点検し、具体的な方策を立てて臨んでいく。 また、従来行ってきた活動についても更なる充実・強化を図る。

  1.参議院通常選挙必勝に向けた早期の態勢作り

  2.街頭活動の複数開催と拉致・領土問題の啓発の強化

  3.党員獲得の推進や青年団体との連携強化

  4.情報の共有と研修活動の充実

  5.若年層への積極的な対策の取り組み

  6.自然災害の被災地に対する継続的支援の実施



◎女性局活動
 参院選必勝を期すために、更なる女性組織の充実・強化に全力を挙げる。
新しい時代をより希望あふれるものにすべく、責任政党の名に恥じぬよう国民の声に真摯に向き合い、女性だからこそ気付く生活実感に基づいた政策、女性の視点に基づいた政策を広くすくい上げ、人生100年時代を見据え、重要政策に一丸となって取り組む。

  1.参議院通常選挙必勝に向けた早期の態勢作り

  1.組織の活動強化、中核女性党員の育成

  2.政策についての啓発運動の展開

  3.女性議員連絡協議会との連携

  4.女性の健康対策の推進

  5.自然災害の被災地に対する継続的支援の実施